• TOP トップページ
  • SERVICE サービス内容
  • FUTURE わたしたちの特徴
  • COMPANY 会社概要
  • CONTACT お問い合わせ

空室対策のヒント

空室対策の基本を知ろう

「空室対策と言っても、結局どんなことをすればいいの?」
「これまでいろいろやってみたが、効果が出なかった……」

――こうしたお悩みをお持ちの管理会社様、オーナー様も多いでしょう。そこでここでは、関東で賃貸リフォームを手がけるパワープラントが、空室対策の基本についてご紹介します。入居率にお悩みの管理会社様・オーナー様は、ぜひ参考にしてみてください。

空室対策とは?

空室対策とは?

入居者を募集している賃貸物件で、空室になっている部屋を埋めるための対策が「空室対策」です。なぜ空室が埋めて入居率を上げるには、原因を見つけて、適切な対策を打っていく必要があります。

空室対策の例
  • 家賃を下げる
  • 営業に力を入れる
  • 資産の組み換えをする
  • 入居者の対象を広げる
  • 物件の価値を高める など

入居者様がなかなか現れないと、まず家賃を下げようとお考えになるかもしれません。しかし、家賃を下げればそれだけ収益性が低くなってしまいますから、できることなら避けたいところ。そんな時に視野に入れたいのが、部分リフォームやリノベーションで「物件の価値を高める」方法です。

なぜ物件の価値を高めることが重要なのか

なぜ物件の価値を高めることが重要なのか

物件の価値を高めると、同じ建物でも従来よりも家賃を高く設定できます。魅力的なお部屋へリフォームできれば、契約に至る可能性が高くなる上、入居後の収益性も高まります。その際、必ずしもお部屋全体を大規模に工事する必要はありません。ポイントを押さえて部分的にリフォームしたり、お部屋全体を新築のようにリフォームしたりして、内覧での第一印象を改善しましょう。

パワープラントからのご提案

空室対策をご検討中のお客様に、パワープラントからリフォーム・リノベーションのご提案をいたします。お客様のご要望・ご予算によって、異なる2つのコースをご用意しました。お考えに近いほうをご選択いただいた上、ご一読ください。

「価格を抑えて、ちょっとでも空室対策をしたい」場合

物件の価値を高めたいけれど、そこまで大きなお金はかけられないという場合には、ポイントを押さえた部分リフォームで、価格を抑えながらの空室対策がおすすめです。部分的なリフォームだけでも、内覧での印象を大きく変えられます。

「しっかり空室対策をしたい」場合

本格的な空室対策をしたいので、物件の価値を高めるために全体的な改善を検討している場合には、お部屋全体のリフォームをおすすめします。「第一印象」で入居者様の心をしっかり掴む、“本当に住みたくなるリフォーム”をご提案いたします。

〒262-0033 千葉県千葉市花見川区幕張本郷2-30-21 西幕張ビル1F

TEL:043-215-8560 / FAX:043-275-5565

Copyright © 2016 powerplantCorp., All Rights Reserved.