• TOP トップページ
  • SERVICE サービス内容
  • FUTURE わたしたちの特徴
  • COMPANY 会社概要
  • CONTACT お問い合わせ
  • ホーム > 
  • 管理戸数増加のヒント

管理戸数増加のヒント

管理戸数を増加させたい
管理会社様へ

管理戸数を増やしたいとお考えの管理会社様のために、関東で賃貸管理、賃貸物件リフォームを手がけるパワープラントが、そのためのヒントをご紹介します。一体どのような対応をすれば、多くの入居者様に選ばれるようになれるのでしょうか。

管理戸数を増やしたいときにやっておきたいこと

管理戸数を増やしたいときにやっておきたいこと

管理戸数を増やしたいなら、まずは「管理戸数を減らさない」ための取り組みが不可欠となります。空室や長期滞納などのトラブルがないのであれば、現在のお客様からの管理料で利益を上げるという基本を押さえるようにしましょう。一方で、セミナーを開いて地域の大家さんを集客したり、空室の多いオーナー様へのコンサル業務を行ったり、収益物件の仲介をしたりといった積極的な行動が、管理戸数の増加につながります。

入居者サービスが管理会社のブランド化につながる

管理会社A様の場合

平成15年に開業した管理会社A様。親会社からの独立だったため、はじめはある程度の管理戸数もあり、上々のスタートを切れました。しかし、実績を重ねていっても、なかなか管理戸数が増えないのが悩みでした。

管理会社A様が抱えていた課題
  • 管理戸数を増やせず、その問題解決の方法もなかった
  • 営業マンが一般オーナーに営業をかけるといった古典的手法しか行っていなかった
  • 問題があるのは分かっていたが、日々の雑務のせいで放置していた

管理会社A様が抱えていた課題

“自社ブランドの強化” が解決のカギに

“自社ブランドの強化” が解決のカギに

A社は問題解決の方法として“自社ブランドの強化”を選択しました。ここで自社のブランドとして打ち出すことを決めたのは「圧倒的な入居率を誇る」ということ。そのために、はじめに行ったのが業務の効率化です。もっとも大きかったのは、これまで手間がかかっていた立ち会いや原状回復をなくしたことでした。その他、カギ交換なども全廃。こうして手が空いた分を、入居したくなる・長く住みたくなるサービスの実施に回すことで、他の管理会社様との差別化をはかったのです。

入居率アップのために行った対策例
  • 敷金・礼金等の割引き
  • 更新時にプレゼントを用意
  • 紹介によるキャッシュバック
  • 自社のみのユニークな特徴のある物件を確保
ブランド化成功で、高入居率が実現

ブランド化成功で、高入居率が実現

現在のお客様へのサービスを充実させ、高入居率をキープする――A社様が行った施策は高い効果を上げ、現在は管理戸数を大幅に増やしています。

このように、他社より高い入居率を維持できるようになれば、管理サービスのブランド化にもつながります。「高入居率」を売りにして広告を出したり、勉強会を開いたりするのも可能です。同じ地域のオーナー様からの依頼も、徐々に増えていくでしょう。入居者様一人ひとりの満足が、管理戸数を増やすポイントとなった好例と言えるでしょう。

パワープラントが、管理会社様の“ブランド”をサポート

当社は、賃貸リフォームを通じて管理会社様の管理戸数増加をお手伝いします。入居者様が「住みたい!」と思えるような部屋づくりを行い、物件の魅力を最大化。管理戸数でお悩みの方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

〒262-0033 千葉県千葉市花見川区幕張本郷2-30-21 西幕張ビル1F

TEL:043-215-8560 / FAX:043-275-5565

Copyright © 2016 powerplantCorp., All Rights Reserved.